記憶媒体の寿命について

blog

2019.06.26

スタッフブログ

テーマ:

よく、DVDに変換したメディアは何年持つんですかという質問を頂戴
するのですが、

こればっかりは、保管状態にもよるのではっきりしたお答えをする
ことができません。

例えば、当店でお預かりするメデァイでも50年以上昔の8ミリフ
ィルムでもとても丁重に保管されていて映りが非常に良いものもあ
れば、

10年前くらいに撮ったMINIDVでもカビが生えてしまってカ
ビ取りをしても再生出来ずお返しするケースもあります。

この論議はよく新聞や雑誌などにも特集されているようで、

例えば「20年持つと新聞に書いてあった」と言って

メディアを指定して持ち込まれる方もいらっしゃるのですが、

この手の記事は、実際にその年数を置いて検証している訳でもない
し、

本当に20年後にも正常に再生出来るかどうかは

あくまでお客様の保管状態に関わってくるのです。

今は、発売されているブルーレイレコーダー全機種でDVDも再生
出来ますので、

昔のメディアでしたらDVDに変換するのが汎用性からしてもベス
トと言えますが、

20年後に光ディスクが存在するかどうかなんてわからないのです

かと言ってテープのまま保管していてもどんどん劣化し、

再生する機器も中古市場でどんどん高騰していく訳ですから、

その時代に合ったメディアに適宜置き換えてダビングしていく、

というのが大切なのではないでしょうか。

お申込み

application

ビデオ・8mmフィルム・オーディオなどのDVDコピー・ダビングは「ダビングスタジオ」にお任せください。

WEBでのお申込み

メール内容を確認後、担当者より改めてご連絡させていただきます。

お電話もしくは
ご来店でのお申込み

店舗にご来店いただく場合は特に何も手続きをする必要はなく、マスターのみ最寄の店舗までお持ちいただければ結構です。